STUDY ROOM nai`a

LOVE LAUGH LEARN

卒生の作文(I・M)

去年の子たちと同じフレームで書いてもらいました。
原稿用紙そのまま。

①入試を終え、結果が出た今の率直な気持ち。
②受験勉強を通して学んだこと。
③ナイアに通って学んだこと。
④後悔、反省。
⑤僕らにもっとしてほしかったこと。
⑥高校生活をどのように送るか。
⑦一年後の自分。
⑧三年後の自分。
⑨後輩へのメッセージ、アドバイス。

入試を終えたとき私は、正直不安ではありませんでした。塾でやったことは全部だしきることができたし、落ちついて受験を受けることができたからです。だけど自己採点してみると、思ってたより点が取れていなくてとても不安になりました。合格発表までの一週間は落ちつきがなくそわそわしていてとても嫌でした。合格発表の時、もう結果を見て泣いている子や喜んでいる子を見て私は、どっちの結果になるんだろうとずっと考えていました。自分の受験番号を先に見つけたのはお母さんでお母さんがあるよといっても私は番号が見つけられなくてお母さんが私の番号を見間違えたんじゃないかなと思いました。だけど自分でも番号を見たとき受かったんだと思う気持ちと信じられないという気持ちがあり、書類をもらってあらためて合格したんだと思いました。今はとてもほっとしています。

受験勉強を通して私は、何回もやることで身につくことや、中途半端にやると後がつらいということを学びました。宿題などを後でやろうと後回しにすると、結局やる気をなくしてしまうことが何回かありました。今のうちにできることは、今のうちに終わらすことが大事ということも学びました。

ナイアにかよって学んだことは、勉強の楽しさや、勉強の難しさを学びました。ナイアに通って、今まで好きではなかった勉強も、好きになったり問題が解けなかった時の悔しさも知ることができました。

後悔していることは、解けなかった問題にイライラして不機嫌になったり、宿題や勉強道具を忘れたことです。先生や友達にめいわくかけたことに、とても後悔しています。反省は、もっと早くから勉強しとけばよかったということです。小学校の時や一年の時全然勉強していなくて、塾に入ったのは二年生の二学期でした。その時は、勉強の内容も、勉強の仕方も知りませんでした。だけど先生が一生懸命に教えてくれたからこそ、合格したと私は思います。

私が必要としている勉強道具を貸してくれたり、分からない問題があればわかるまで教えてくれたりした先生たちにしてほかったことはないです。

高校生活で私は、一年生の時から予習・復習をきちんとしていこうと思います。春休みで少しだらけているから、そこをなおしていきたいです。あと、勉強で分からないことがあれば、自分から聞き、その場で分かるようにしていきたいです。高校では、新しい友達もできるだろうから、友達を大切にし、楽しい高校生活をおくりたいです。

一年後の私は、勉強をしていて、新しい友達とも仲良くなっていると思います。

三年後の自分は、正直大学入試にあせっていると思います。だからたくさん勉強していると思います。

後輩へのメッセージ。これから受験生として、まずはあきらめないで勉強してほしいと思います。三年生のはじめらへんは受験生の自覚があまりないと思います。だけど一・二学期の内申点が受験にひびくので、学校の授業や塾の授業を一つ一つ大事に受けてほしいと思います。テストなどの点数が悪くて焦ったり、テストの時間が足りなくて焦ることがこれから増えると思います。その時は、あきらめずに、落ち着いて勉強に取り組むことをオススメします。これからきついと思うことやだらけてしまうことがあると思います。わたしがこんなふうに思ったときは、今の状態だと絶対に落ちる、と思ってあきらめずに勉強していました。大変だと思うけどこれから一生懸命がんばってください。応援しています。
[PR]
by naia1985 | 2015-04-05 19:00 | 卒業生の言葉

by STUDY ROOM nai`a